食欲記(物欲記)

タグ:MAGIX ( 11 ) タグの人気記事




【ダウンロード】9/14 ソースネクスト MAGIX Vegas Pro 15 (Build 184)【開始】

d0188613_12450747.jpg
予定通り、9月14日から、 MAGIX Vegas Pro 15(日本仕様)ソースネクスト版のダウンロードがマイページより行えるようになった

ただ、シリアル等のメールはまだ来ていない模様

実際に起動すると一応、日本語化されている

でも、ソースネクスト版はビルドが上がってるんだけど・・・

本家MAGIX 版が Build 177、ソースネクスト版がBuild 184

ソースネクスト版が先行することってないはずなんだけど、短期間にMAGIXでバグフィクスしたものをソースネクスト側でリビルドしたってこと?

間違いじゃないかね・・・

まあ使えればなんでも良いけど・・・





17:20 現在 まだ、ソースネクストからメールは来ず・・・

今日中に正規登録できるかな?


18:15 現在 ソースネクストのマイページにシリアル来てます

アクティベーションお済みでない方はそちらからシリアルナンバーを引っ張ってきてください

20:10 現在 ようやく ソースネクストからシリアルのメール来ました







[PR]



by cimato | 2017-09-14 12:41 | 広告・POP | Comments(0)

【解禁】MAGIX VEGAS Pro 15 (build 177)【体験版もあります】

d0188613_16044867.jpg
先般、告知のあった ”VEGAS Pro 15”

8月28日ということで日替わりからフォーラムに張り付いていたが気配がなし・・・

ヨーロッパ時間の日替わり過ぎてもなにもなし・・・

アメリカ時間の日替わり過ぎてもなにもなし・・・

これは日本時間だと夜になるのか?


d0188613_16063805.jpg
なんとなく、MAGIXのサイト覗いてみたら・・・

NEW・・・!

きてるじゃねぇか!!!!



VEGAS Pro 15 Edit で$399 VEGAS Pro 15 $599 VEGAS Pro 15 Suite $799 

アップグレード価格はVEGAS Pro 15 Edit で $199 VEGAS Pro で$249 VEGAS Pro 15 Suite $349

VEGAS Pro 14時に払った対価の恩恵も受けてないし・・・

今回のVEGAS Pro 15 Edit はタダとは言わずとも$100くらいだよな

まあ、急がなければ日本の場合、ソースネクスト版待てば数千円で手に入ると思うので、VEGAS Pro 14でしばらくしのいでも良いかもしれない



今のところ、嫌な予感しかしない・・・


以下 VEGAS Pro 15 ↓

ダウンロードページ ↓

そんで、体験版ダウンロードしてインストールしたのだが、Music Makerがついてくる

昨今、やたらバンドルでMusic Makerついてくるけど、正直なところいらないよなあ

それこそ、SOUND FORGE Audio Studio 12 付けてもらったほうが嬉しい

もしかすると、ソースネクスト版はSOUND FORGE Audio Studio 12が・・・ねえかな


VEGAS Pro 15 の構成と値段
d0188613_20083998.jpg

基本的にはVEGAS Pro Edit にオーサリングソフトとプラグインソフトが付属する構成なので、要らなければVEGAS Pro 15 Editのみで構わない

DVDの書き出しとかする人は、VEGAS Pro 14 購入した時に上位バージョンを選択した人はVEGAS DVD Architectが付属しているので、重複するし・・・

あとは、フィルター系ソフトなので、これもHitFilm購入してれば重複になるし、NewBlueFX Titler Pro 5はVEGAS Pro 14の上位バージョン購入した人でアップグレードしてなければ最新バージョンになるので、お得かな

うちみたいに、すでにNewBlueFX Titler Pro 5使っている場合はむだになるしなあ・・・

ソフトも細かく選択できるようにしてほしいね

とは言うものの、プラグインを個別に購入することを考えると安く済むのだが、せっかく購入しても使わなければもったいないし・・・


それよりこの価格、

しばらくすればソースネクストで格安販売するので、プラグイン要らなければそちらで購入が賢いかな

ソースネクストで購入したとしても、MAGIXでライセンス契約すれば英語版は最新版が手に入るし

もちろん、ソースネクストで購入してもMAGIXで購入したプラグインソフトはつかないけど・・・

d0188613_17144467.jpg
起動画面

基本、Vegas pro 14 を踏襲

build は 177

d0188613_17150396.jpg
メイン画面

黒を基調とした、落ち着いた画面 歴代の画面が少し背伸びをした感じ

d0188613_17151299.jpg
体験版はプレビューしてるとランダムに囲みVEGASが表示される


速攻レビューだが、

安定度は低い 

フリーズ連発 

前よりカクツキは低いような、GPUの恩恵受けてる気はするけど・・・

pro res ファイル(vegas proで書き出したやつ)の再生は重い (davinc resolveはスムーズ)

Pixel format は32bit full range だと負荷がデカイのかカクつく(これは変わらず そういうもんかもしれない)

vegas pro 歴代の問題だが リップシンクが微妙にずれるのは 個人的なシステムの問題なのか?

同じファイルをdavinc resolve や edius とかで再生するとズレてないということはそういうことだよなあ

ポタン類を極力少なくしてスッキリしてるのはいいのだが・・・ショーツカット覚えろということか(※カスタマイズでボタン類は表示は可能)












[PR]



by cimato | 2017-08-28 16:41 | レビュー | Comments(0)

【8/28】MAGIX VEGAS Pro 15 release date【リリース】

チラチラと噂が出ていた”VEGAS Pro 15”が2017年8月28日にリリースされることが、フォーラムにて発表された

大項目としては3つ

1.GUIの刷新 見やすさやボタン等 個々に設定変更できるようになる模様

2.編集スピードの効率化 作業手順を少なくして目標の機能を実行できる 例としてフリーズ・フレームの作成 など

3.ハードウェアアクセラレーションエンコーディング/デコーディング インテル®クイック・シンクビデオ(QSV)および他の技術を利用した エンコード・デコードの高速化 新しいハードウェアの対応


以下フォーラムより引用(原文まま)

Dear community,

Almost a full year has passed since the revival of VEGAS Pro, and what ride it's been! Your support and enthusiasm have been nothing short of amazing. You have given us fantastic feedback and ideas for the future. So now we're excited to announce that the future you helped create begins to unfold with the release of VEGAS Pro 15 on August 28.

What can you expect from VEGAS Pro 15? Well, we can't list all the new features just yet, but here are a couple that we'll know you'll be interested in because they came directly from your feedback!


A GUI for everyone

From the moment you open the new software, you'll notice major UI changes which are not only designed to look pretty, but also bring innovative usability improvements to your workflow. Now more than ever, you can choose the GUI setup that works for you. For example, from in depth community discussion, we learned that some of you like a dark background, and some want to keep a lighter background. Some want monochromatic buttons, and some value buttons with color. Now those choices are up to you! And those are just the tip of the iceberg when it comes to optimizing your workspace so that it works most efficiently for your unique editing style and workflow.


Editing speed efficiencies

You supplied a number of great ideas on how VEGAS Pro could speed your editing even more. We've implemented a number of these features. For instance, you wanted a "one-click" way to create a freeze frame in an event, and so in VEGAS Pro 15, you have exactly such a tool. Now, instead of following a multi-step procedure to create a freeze-frame video, you can accomplish the task with far less clicking. And that's just one example of how we've made editing faster and more intuitive.


Hardware accelerated Encoding/Decoding

VEGAS Pro 15 leverages modern hardware for accelerated encoding and decoding, including support for Intel Quick Sync Video (QSV) and other technologies.

We don't want to spoil all the surprises, but you'll only have to wait a little longer to get to know the other features and improvements of VEGAS Pro 15. We hope you are as excited as we are!


Best regards,
Mathias



夏休み終わりのMAGIXからのビッグプレゼント! 学生じゃないので夏休みなんてないんだけど・・・


※予定通り 8月28日 リリースされました


※ちなみに、使用台数制限はSONY時代は3台まででしたが、MAGIX移行後 VEGAS Pro 14から2台までに使用制限がかかっているので、3台以上で使用する場合はMAGIXのマイページにログインして2台のうち1台の情報を削除してから、使うデバイスで再アクティベーションかけて登録をするという作業が必要です






[PR]



by cimato | 2017-07-13 13:00 | 広告・POP | Comments(0)

【非公式】VEGAS Pro 14 (build 244)【 Update 5 】

d0188613_16165820.jpg
2017年3月29日ごろ、5回目のマイナーアップデート build 244 があったので記載

非公式と記載してるのは、ユーザー登録してるにも関わらずメールなど通知が一切ないこと、アプリケーション起動時にも通知がないということで、自力(他力本願)で情報を集めなければたどり着けないという、すべてのユーザーに対して案内を行っているわけでないので、あえて非公式という書き方をしています

ちなみに、今回の追加のアップデートに際して、今後のVEGAS Proの14 利用時に新しいアップデートがある場合にユーザーに警告することができるようになりました(これも新機能の一つ)次回からは公式な案内となります

というか、全ユーザーに通知されるということは、あえてここでお知らせしなくてもいい気・・・

細かいことはフォーラムや、別サイトでヘビーユーザーにより語られているのでそちらの情報を参照してもらったほうがいいと思います


前置きはさておき、

ひとまずフォーラムより転載

意訳は後ほど・・・

Here are the patch notes for this update:


MathiasH wrote on 3/29/2017, 12:54 AM

New Features

  • 10-bit rendering has been added for HEVC files along with new 10-bit render templates and the ability to create custom 10-bit render templates
  • A "News Feed" function that communicates important information (e.g. update build announcements) now appears upon application start up whenever a new message is avaialble. This replaces the Net Notify system used in previous versions of the software
  • We've created a new 4K render template for MainConcept AVC/AAC file format and exposed a new 4K frame size preset to make it even easier to create 4K files

Bug fixes

  • Changed the location of the temporary file created during ProRes rendering so that it no longer goes to the system Temporary folder (potentially filling the user's system drive). It now goes to the same folder as the specified render location, and is instantly deleted once the render is complete
  • Color Curves channel setting now persist through closing and reopening the tool
  • Color Curves Show All Channels checkbox is now selected by default
  • The Selection Edit Tool no longer flickers when holding Ctr. or Shift when making a selection
  • Shuffle events now works properly when a J cut is present
  • The Portals transition now works properly
  • Improved the handling of imported Photoshop files so that layers no longer display pale edges when viewing at Best settings in the Video Preview window
  • Adding a clip from the Project Media window at the project frame rate while set to Details view now correctly adjusts the clip's frame rate as expected
  • A menu option to rename video plug-ins while in the Plug-In Chooser has been removed since the operation is not available and choosing it caused a crash
  • The Trimmer window context menu now properly appears when you right-click the video portion after first having disabled the new hover scrub feature
  • Investigated a suspected bug that caused 4K ProRes files from a Blackmagic Designs camera to appear more exposed on Preview and Draft settings in the Video Preview than in Good and Best settings and determined that no bug exists. Some footage may appear brighter or darker at the lower-resolution settings due to the blurring of the video that naturally takes place at these low preview resolutions
  • Investigated a suspected bug where 4K ProRes files from a Blackmagix Designs camera has different gamma values in VEGAS Pro 14 compared to VEGAS Pro 13. This has been determined to be caused by a known flaw in the Apple QuickTime for Windows add-on software that was required to read these files in version 13. Our native reader in version 14 does not have this flaw and its output is correct
  • Custom window layouts that use tabs docked to the top of windows are now properly saved and persist through an application restart
  • The TrackGroup scripting class has been updated so that the Mute and Solo properties now return the correct values as expected
  • Fixed a problem that could cause a crash under certain circumstances when exporting a project as a VEGAS Pro archive
  • The Render Complete dialog box is now covered by floating windows within the application less frequently.

Thanks again for your continued support and feedback.

Best regards,
Mathias


最速レビューですが、GPU利用では落ちる障害は改善されていません、今回もGPU関連のバグフィクスは行われていないので従来と同じ・・・


ただ、従来のGPUレンダリングを有効にすることを可能にする一般的なプリファレンスを追加されているということで、あくまで今人的な見解ですが”gpu acceleration of video processing”の項目でGPUをOFFにしても落ちる可能性があります(前回と変わりないかも)


”General”タブの”Allow legacy GPU rendering”のチェックを外すと回避できる可能性があります


これでプレビューだけでも落ちることは今のところありません (※あくまでも自身の場合)




[PR]



by cimato | 2017-03-29 16:47 | レビュー | Comments(4)

【非公式】MAGIX VEGAS Pro 14 (build 211)【マイナーアップデート4】

d0188613_09175140.jpg
12月20日ころ、VEGAS Pro 14のマイナーアップデートがあったので記載

今回は”build 211”


フォーラムより転載


Here are the patch notes for this update:

Features

  • Added ProRes rendering options for 24p, 30p and 60p/I framerate.
  • Adjusted the horizontal tolerance for Trimmer window hover scrub to make it easier to add the selected area to your timeline without inadvertently establishing a new selection.

Bug fixes

  • Fixed stutter / judder issues playing back 23.97/29.97/59.94 frame rate ProRes / HEVC files
  • Fixed video noise issues related to deep blacks / whites with ProRes files
  • In the Color Curves plug-in, the channel settings now persist when you close and reopen the Video Event FX dialog box
  • In the Color Curves plug-in, the Show all Channels checkbox now defaults to selected


下記は(あくまで意訳)

特徴

  • ProRes のレンダリングオプションのフレームレートに24P、30Pと60Pが追加された
  • トリマーウィンドウホバースクラブに於いて、不用意にに新しい選択して、タイムラインに追加できないように許容範囲を調整

バグの修正

  • ProRes / HEVCファイルを再生における、フレームレート 23.97 / 29.97 / 59.94のスタッター/ジャダーの問題の改善
  • ProResファイルで黒/白に関連する固定ビデオノイズ問題の改善
  • プラグインのカラーカーブでは、チャネル設定して保存したい際にそれを維持、ビデオイベントFX]ダイアログボックスで再度開くことができるように改善
  • カラーカーブではプラグインを、すべて表示チャンネルのチェックボックスにおいてデフォルトで選択されるように改善


※アップデートはフォーラムのリンクから、またはMAGIXのマイページユーザーログイン後セットアップファイルをダウンロードして実行





[PR]



by cimato | 2016-12-23 09:20 | レビュー | Comments(4)

【BLACK FRIDAY】MAGIX VEGAS Pro 14 Suite Upgrade $299【SAVE $500】

d0188613_01535149.jpg

VEGAS Pro 14 も Build 201にしてから、一度も落ちることはなく安定して動作している

GPUに関しては安定度が増し、落ちることはなくレンダリングも最後まで完走するし(設定のチェックボックスにチェックを入れることが前提(個人的に)ただ、いまのところ5分くらいの素材でしか試してないので1時間とかの長尺でレンダリングが完走するのかテストしてみないとわからない)

ただ、やはりGPUに関しては古いものしか対応はしておらず、今後のアップデートを待つしかない(フォーラムで誰かのレンダリングの動画をみたが異様に早くレンダリングが行われてるのを見てパソコン自体かグラフィックカードか・・・対応したのならこれだけ効果があるのか)

Titler Pro(現在は5だが)も落ちずに安定して使えている

ProRes も読み込みだけから書き出しも対応、Apple 自体は GoPro CineFormの利用を推奨しているが 未だにProResの需要もありそういう意味では人によっては待ちに待った機能ではある

先般、Hitfilm 2017 がリリースされたわけだが、Build 201 対応してるということでシームレスなやりりができその辺の使い勝手も良くなっている(アドビのように一社で色々な連携ソフトをということは難しいのでいかに分業しつつうまく組み合わせて使えるようにするか、そういう意味ではVEGAS Pro 14の組み合わせとしては After EffectsよりはHitfilm 2017のほうが相性がいいといえるのではなかろうか プラグインやら機能やらで言えばAfter Effectsに軍配は上がってしまうのだが、そいうい意味では使い勝手を考えるなら最初から Premiere&After EffectsというAdobeで揃えたほうがいいとなってしまうが)

ソニークリエイティブソフトウェア時代のツケが重くのしかかり、もしかすると買収を後悔しているかもしれないが、買ってしまったものはなんとか会社の利益となるものにしなくてはいけないと、日々バグとりや新機能の開発に明け暮れる日々、機能的に先行する他社ソフトと比べれば時代遅れ感が否めないが、意外と玄人好みのソフトではあるのではないかと自身は感じる

VEGAS Proといえば画面の古臭さに変更を求める声も多いが、まずは機能強化を急いで、ある程度落ち着いたところで作り変えればいいのではなかろうか

そうすると、どちらかと言えばマイナーアップデートでなくメジャーアップデートの時になるのかな?

またお布施が・・・VEGAS Pro 13 から VEGAS Pro 14 のお布施をした際のアップデート状況を考えると、マイナーアップデートに含むのが筋ってもんじゃないかい

もちろん、現在のMAGIXの対応状況を考えると十分評価すべきではあるが・・・

前置きはこのくらいにして・・・


2016年11月18日まで延長された、MAGIX VEGAS Pro アップグレード特別オファーだが、期限を過ぎても開催中だった

そして、更にアップグレードを待っていた(どちらかと言えばためらっていた) VEGAS Pro 13ユーザーには嬉しいニュース

VEGAS Pro 12 VEGAS Pro 13 とか起動すると”アップグレード特別オファー”の画面が出てくるみたいだね(確認できたのが上記2つしかないのであれだが、旧バージョンに対してはお知らせが来てるかも)

外国じゃ恒例の BLACK FRIDAY

特にDTMやってる人はおなじみ 日頃からセール品を狙いつつ大幅値引きのチャンスがあるBLACK FRIDAYでお得にソフトを手に入れるという お祭り

ただ、海外のサイトから購入というややハードルの高い行為ではあるが、メーカーやショップサイトにより難易度はあるがなんとか購入できる

壁の一つが英語とか・・・そんなときはグーグル先生とか利用して


ちなみにBLACK FRIDAYの価格は

VEGAS Pro 14 Edit Upgrade  $149.00  

SAVE $250

VEGAS Pro 14 Upgrade $199.00 

SAVE $400

VEGAS Pro 14 Suite Upgrade $299.00 

SAVE $500


スペシャルオファーよりさらにお得になっている


確かに値引率を考えると VEGAS Pro 14 Suite Upgrade だが、そこまでの機能(プラグイン)がいるのかと考えると VEGAS Pro 14 Upgrade が無難な落とし所かも知れない 機能の比較については 下記ページを参考にするかメーカーサイトをみて判断(あと、あらたな機能追加等はフォーラムを参照)


【新規ユーザー向け】MAGIX Software VEGAS Pro 14 【先行発売】


BLACK FRIDAY は今月いっぱいかな(2016年11月30日まで有効) あと数日だけど気になっていたひとは 今年一番の(値段としては)買い時、まあ、BLACK FRIDAY がすぎればスペシャルオファー価格に戻るかも(もしかしたらこれが最後かも・・・)しれないので 見送るのもアナタ次第 まあ、いっその事 現状は旧バージョンで頑張って VEGAS Pro 15 まで待つというのもアリだとは思う その頃には小慣れた感じになってるかも

確かに、ソニークリエイティブソフトウェア時代からするとアップグレード料金は高いかもしれない、しかしながらソニークリエイティブソフトウェアはそのアップグレード料金に見合うバージョンアップをしてきたかというと(初期バージョンに関して言えばそれなりに対応してきただろう)ちょっとね・・・

そいう意味では、今のペースは雲泥の差の対応と得るのではなかろうか、ある意味自身はお布施と言っているが、現行の他社NLEにどれだけ肉薄することができるか、よくなっていくための投資という面で期待をしたい




[PR]



by cimato | 2016-11-26 01:58 | 広告・POP | Comments(0)

【非公式】MAGIX VEGAS Pro Version 14.0.0(Build 201)【マイナーアップデート3】

d0188613_13382589.jpg
先般、フォーラムで

『我々は、長年放置されてきた問題と新機能の改善、より安定したプログラムを提供するため作業をすすめており、その更新プログラムは今後数週間くらいで利用できるであろう』 とアナウンスがあったが、11月19日にフォーラムに ”Build 201”のマイナーアップデートの案内があった

今回はアップデートは、いずれもユーザーからのフィードバックを元に1回目2回目のマイナーアップデートに比べて多くの項目が新機能として追加・バグの修正されている



 下記に ”Build 201”のアップデートの新機能・バクの修正項目を転載する(原文のまま)

Here you can read the patch notes for this update:

New features of this Update

Improved the Velocity envelope Set to functionality so that all points selected with the Envelope Selection tool will be set to the value entered for any of the other selected points
Added functionality for reading and saving project media tags to HEVC and ProRes media
Add new Velocity envelope presets (20% and 40%) to make working with high-frame-rate video easier
Greatly increased the number of scripts that can be shown in the Scripts menu
Added a general preference to allow users to enable legacy GPU rendering
Expanded the low-end range of the sharpen effect to allow access to softer values
Native support for reading ProRes 4444 files with full bit-depth
ProRes rendering capabilities including presets
Trimmer toolbar Add buttons and keyboard shortcuts now always honor the Trimmer in and out points
Hover scrub improvements have been made to support quantization, snapping, and showing selection
Support for reading HEVC hvc1 file variants




Bug Fixes

Resample mode now respects the Start all new projects with these settings checkbox in Project Properties
Loading multiple ProRes clips at the same time no longer crashes the application
Custom keyboard mapping for scripts now persists
Text that showed up badly cropped in the Titles & Text plug-in dialog box when running in Windows 7 now displays properly
Undoing a change to project properties frame rate no longer prevents the timeline cursor from functioning properly
Luminance values are now displayed properly for ProRes files
Plugged a memory leak that occurred when loading multiple AVCHD or HDV files (fixed in previous update)
Adjustments you make in the video event FX Curves panel are now saved properly
ProRes files rendered from VEGAS Pro now properly report interlacing and audio information
Removed a Render Alpha Channel checkbox that mistakenly appeared when rendering to a CineForm AVI file (which does not support an alpha channel)
Hit Film Express interoperability is now functioning properly
Media tags are now properly saved for Panasonic P2 files
The update process now works without crashing in all upgrade scenarios
VEGAS Pro no longer exhibits random crashes upon closing the application
Help topic for Working with HFR broken link has been repaired
VEGAS Pro no longer crashes when attempting to read ProRes HQ - 4096x2160-23.976p files
HDV/AVCHD file loading is no longer significantly slowed in VEGAS Pro 14 compared to previous versions
Quantize to Frame now work as expected when setting project video settings to match media, and project/clip frame rates differ
Wavehammer Surround demo beeps are now properly removed from registered product
The selection rectangle now shows up for each tool that includes a color picker.
Fixed stuttering/judder issues related to playback/rendering of certain HEVC/ProRes files


Best regards,
Mathias

d0188613_19472424.jpg
そういえば、HELPメニューに ”Deactivate the Software on this PC” が追加されている

試しに、クリックしてみたらアクティベーションが解除された

もしかして、複数PCで使えるようにできるということか(関係なく3台までインストール可能のようだ、2台インストールして動作は確認)

Vegas Pro 13以前は同時使用はできないが別PCにインストールして使用できたと思う

Vegas Pro 14は使用制限がかかってるのか、テストしてないからわかんないけど


※上記の操作をしてたら、起動しなくなり再インストールする羽目に、むやみにクリックしないほうがいいようだ・・・



なお、アップデートプログラムのリンクは貼らないので、直接VEGASのフォーラムからアクセスしてもらいたい

前回のアップデートプログラムのリンクページがウイルス認定される事態となり(リンクは問題ないし、プログラム自体も問題ないが)トラブル回避のため直接の誘導は止めておく



[PR]



by cimato | 2016-11-19 13:43 | レビュー | Comments(0)

【非公式】MAGIX VEGAS Pro Version 14.0.0(Build 189)【マイナーアップデート2】

先般、初のマイナーアップデートが行われたわけだが、早々にマイナーアップデートの第二弾ということで、VEGASフォーラムにアナウンスがあった

ソニークリエイティブソフトウエア時代と比べると、このアップデートのペースは神がかり的な対応と言えよう

今回のビルド189のアップデートは、リリースビルド161とファーストアップデート178を置き換える形、プラス幾つかのバグフィクスを加え更新されたバージョンとなっている

また、MAGIXによると『我々は、長年放置されてきた問題と新機能の改善、より安定したプログラムを提供するため作業をすすめており、その更新プログラムは今後数週間くらいで利用できるであろう』とアナウンスしている

MAGIXに売却され、不安をいだいていたユーザーも多いと思うが、今のところ頻繁なプログラムの修正を行うことでソフトウエアの安定性、機能追加をはかりを不安の払拭を図ろうとバグという敵と孤軍奮闘中といったところだ


厳しいことしか書かないが、今回のメジャーアップデートに払ったお布施に見あうVegas Pro 14となることを願いつつ・・・


因みに、前回はマイアカウントからダウンロードしてインストールを行っていたが、今回は直リンアドレスがフォーラムに記載されているので転載したいと思う


MAGIX VEGAS Pro Version 14.0.0(Build 189) アップデートリンク


なお、リンクはコピペなので問題ないと思うが、リンク先における問題等において(また、アップデートしたプログラムの挙動・トラブル)は自己責任で・・・

不安な人はVEGASフォラームを訪問して、そこから直接リンクをふんでください


現在、上記アドレスは 

この先のサイトには有害なプログラムがあります

との警告が出ますので


直リンは消してあります

フォーラムから、訪問してください

もしかするとフォーラムからのアクセスでも同様のメッセージが表示されるかもしれません

急ぐこともないので、マイナーアップデートは待った方がいいでしょう

今後の正式なアップデートをお待ち下さい

マイナーアップデートの情報に関しては更新があれば引き続き発信していく予定ですが、トラブルを避ける意味ではあくまでメーカーの通知が来るまで待つようにしたほうが良いでしょう



[PR]



by cimato | 2016-11-01 16:26 | レビュー | Comments(0)

【非公式】MAGIX VEGAS Pro Version 14.0.0(Build 178)【マイナーアップデート】

大風呂敷広げてバージョンアップした VEGAS Pro 14も、相変わらずの不安定さ、VEGAS Pro自体の機能強化は期待しないで、プラグインに大いに期待したわけだが、肝心のプラグインが一部使えないという不具合(ましてや一番使いたいものがだめという)また、元からある機能も使えなくなってるという悲しい状態

そんな中、久しぶりにVEGASフォーラムを覗くと、新しいビルドがでたという情報が・・・

今までだとVEGAS Pro から直接バージョンアップできたのだが、不正の対策のためか、MAGIXにユーザーログインしてダウンロード、再びアクティベーションするという手順を踏む形になる

アップデートのし方がわからないので30分位無駄に悩んだ

現行でもVEGAS Proを検索すると、crack とかのサイトとか、わざわざ親切にやり方まで解説してる動画まである

こういう人達がいるから、アドビもサブスクリプションに移行せざるを得なかったのだろう

現状サブスクリプションではないにしても、ソニークリエイティブソフトウエアと比べて、アクティベーションは厳格化してるので、現状アクティベーション済んだ状態で利用は問題ないが、万が一にもMAGIXが傾いて倒れればサイいインストール後のアクティベーションできず使えなくなるという問題もある

その前に、VEGAS Pro自体が生き残ってるのか、という問題もあるが・・・

色々、不安なことを考えればキリがない


そんなことはさておき、なんとか方法もわかり、MAGIXからダウンロードしてインストールすることに


MAGIX のMY ACCOUNTにログインして、My products → Installation program からダウンロードする

d0188613_08141110.jpg
とりあえず、VEGAS Pro 14のみ選択して Continue クリック
d0188613_08141594.jpg

ダウンロードが終わるのを待つ・・・

うちの回線が遅いので、400MBのダウンロードが終わるのに25分ほどかかる

d0188613_08141832.jpg
引き続きポップアップ画面の Yes をクリック
d0188613_08142358.jpg
一番上のポイントをチェックして Installをクリック
d0188613_08142526.jpg
インストール中・・・
d0188613_08142988.jpg
インストール完了

Finish をクリックして終了

VEGAS Pro 14のアイコンをクリックしてプログラムを起動

d0188613_08143714.jpg
既にユーザー登録が済んでれば、右端にチェックがつくので、そのまま 右下をクリック

MAGIX と通信してレジストレーション中・・・
d0188613_08143954.jpg
アクティベーション完了


再び、VEGAS Pro 14のアイコンをクリックしてプログラムを起動

d0188613_08144399.jpg
無事に、アックデート完了

因みに、見た目は変わらず、機能も特に変わらず


d0188613_08144621.jpg

安定感は落ちた

やがりネックのGPU周りの修正は行われていない模様

再生してるだけでエラーで落ちる

GPUを使用しないと安定は変わらず


アップデートは待ったほうが良さそうだ


そういえば、ソニークリエイティブソフトウエアのサイトでは旧マイナーバージョンもダウンロードできて、ダウングレードできるがMAGIXは固定なので新しいものしかない

次のマイナーアップデートまで、騙しながら使うしかなさそうだ


追記:今回のビルドの修正点は・・・

プロジェクト内の複数のAVCHDやHDVファイルを使用すした場合に、メモリリークにより、クラッシュにつながる可能性があるためその修正プログラム

ということで、基本的なバグは残ったままということではある

今まで放置してきたバグ潰しをしてることが伺える

Vegas pro14は安定を求めたバージョンとあるが、それとは程遠い状況ではある、が故に今は大きな機能追加より、バグ潰しに手一杯な様子

とは言うものの、コンスタントにマイナーアップデートしてることは、ソニークリエイティブソフトウエアのときの対応に比べれば、なんとかしようとしている面は評価したいところだ








[PR]



by cimato | 2016-10-26 08:36 | レビュー | Comments(0)

【ソフトの方向性】MAGIX Video Pro X 使ってみた【確認】

d0188613_00262500.jpg
先般、MAGIXにVegas Proが買い取られ新たな道に進むことになったわけだが、MAGIX自体は既にVideo Pro Xという動画編集ソフトを作成して販売をしている。知名度が低すぎるのか、チュートリアルとうを求め”Video Pro X”と検索かけると”VideoStudio Pro X”が引っかかることが多い。

VideoStudio Pro X”が価格の割に機能も豊富ということが要因であろうか?実際のところ使ったことがないのでアレだが。

スムーズに事が運べば 秋口にはMAGIX Vegas Pro 14?が登場することとなる。

上記にも書いたが、MAGIXはVideo Pro X では戦えないのだろうか。(であるからVegas Proを買い取ったのだと思うが、開発陣もソニークリエイティブソフトウエアの一部社員が移籍したらしいので基本的なVegas色は残るだろう)

閑話休題。

というわけで、Video Pro Xの使い勝手を試すために、体験版を利用してみることに。
d0188613_09224263.jpg

基本の画面構成(2wayモニタ)

右側の画面
基本構成はプレビューモニタ、トリマー画面(波形モニタ表示化)、エクスプローラー・エフェクト・タイトラー、タイムライン、プロジェクトフォルダ

左側の画面
ミキサー

d0188613_09224473.jpg

カスタマイズ画面

左側の画面
基本構成はプレビューモニタ、トリマー画面(波形モニタ表示化)、ミキサー

右側の画面
エクスプローラー・エフェクト・タイトラー、タイムライン、プロジェクトフォルダ

プレビュー画面を別にすることによりタイムラインを広く使うことができる。

上記のように個々のパーツとしてドッキングor移動できるのでモニタが多ければそれだけ自由度の高い運用ができる。(この辺はVegas Proと同じ)

現状、自身の左側のモニタは1440x900のサイズなのでプレビューモニタの表示が小さいがフルHDだとそれなりに大きくなるので、色々と確認し易い。



基本的に画面はシンプルで、動作も軽い。

Openfx等は使えないかも(使えるとのことだが、体験版で今のところ使えてない)

タイトラーはシンプルすぎる、単独でテロップ表示する分にフォントが変更できるが、モーション系のタイトラーのフォントは固定で変更できない。

エフェクトは複数同時にかけられない(ぽい 未確認)

タイムラインのレイヤは上から下(Vegas Proは下から上)

同一のタイムライン上にビデオ(映像+音声)と音声オブジェクトを配置できる。

d0188613_01444748.jpg

ビデオのフェードイン・アウトは連動なので音声だけ個別に絞りたいとかはできない。

ビデオ・音声のボリューム調整は一律(分割してやるとオブジェクトごと調整できる)

やり直しの履歴数が少ないのでしまったということになる。

音声の片チャンネルのみ使用はVegas Proと同じように(仕組みは違うが)可能。

2タイムラインに片チャンネルごとを割り振りも可能(モノ)振り分けた2タイムラインをパンで左右に振れば一応ステレオで音は鳴る(元の音がステレオが前提)

オブジェクトトラッキングが使えるらしいが、(自動で追従するやつ?)・・・いまだにどこに機能があるのか見つからない


一部で流行りの 360°カメラの動画編集対応。
d0188613_00235629.jpg
360°撮影の元映像を取り込んで

d0188613_00240165.jpg
efect の 360°Panorama 項目をひらいて、Panorama 項目を No Panorama から変更してやると
d0188613_00240978.jpg
うねうねした画面が標準の表示画面になる、そこでDirection of viewをグリグリしてやると

d0188613_00241201.jpg
左右にパン
d0188613_00241713.jpg
上下にチルト
d0188613_00241999.jpg
反転
 
と絵面が変わる。

通常のタイムラインの他にエフェクトのタイムラインがあると思うので動かしながらポイント指定してくと動くんではないかと・・・

まあ、この場合は編集者自身が見える方向を固定してファイルに書きだすのだが、自身で色々な角度から見たい場合は、元動画を GOM PLAYER(色々セキュリティ問題があったやつ)が360°動画の再生ができるのでみながらグリグリすることができる。

windowsだけど、ネイティブのProResに対応してるらしい。

Proとつく上位版だが、機能としてはエンドユーザー向けのソフト。

音声系は各チャンネルに独自にエフェクトが(EQ・リバーブエコー、コンプレッサー)搭載

マスタートラックにはマスタリング用にプリセットとエフェクトが(EQ・マルチマックス(ラウドネス(昔からあるほうのラウドネス)やディエッサー)・ステレオプロセッサ(モノ・カラオケ・マキシマイザー・キスパンダ)・リミッタ)搭載

ノーマライズはある。

マルチカメラ編集可能(再生しながらのカットチェンジは不可(不可というか、隙間が空いたり、つながらなかったり))停止状態でカットポイントに移動して使う映像を選択する。

HEVC/H.265が利用可能とあるがコーデックが必要。

マルチカメラで有用な機能が音声の同期機能。

市販でPluralEyes 4という映像・音声同期があるが、それに似たもので機能は簡易版。

d0188613_01191632.jpg

無造作に配置して、同期かけたいオブジェクトを選択、今回はトラック1とトラック2

d0188613_01223204.jpg
右クリックメニューでaudio function → align other audio objects with this track を選択すると・・・
d0188613_01192327.jpg

トラック1とトラック2を解析して同期をとる。

音声はぴったしあっている。Vegas Proにぜひとも搭載して欲しい(ないよね多分)

マルチカメラ以外にも踊ってみた動画を作成しているユーチューバーやニコニコ主にも有用な機能。

samplitudeのMAGIXらしい(かどうかは個人的な感想)音声からビートを認識してテンポフラグをつけてくれる機能。

ミュージックビデオや音楽に合わせて場面展開したい動画を作成したい人には有用な面白いアプローチ


d0188613_01192161.jpg
右クリックメニューでaudio function → BPM Wizard を選択すると・・・


d0188613_01440789.jpg
SPOT BARS & BEATS DETECTION が表示される。

そのまま処理実行してもテンポが合わない事があるので一拍目あたりにスタートポイントを設置

d0188613_01444806.jpg
処理実行すると

d0188613_01445027.jpg
テンポ解析してフラグが表示される。

さらに実行すると・・・

d0188613_01445828.jpg
一拍目に赤いフラグがつく

作業終了。

d0188613_01450420.jpg
テンポが刻まれているのでこの印を目印にカットチェンジとかするとうまく切り替えができる


上記2つの機能が特別なもの。


まだ試してみて2日くらいなのであれだが、シンプルな編集なら動作は軽くていいかな、上記のような使えそうな機能がある中、ところどころ惜しい部分はある。

catalyst edit 同等くらいかな(個人的にはcatalyst editのが慣れているというのもあるが使いやすい)


なおさら、Vegas Pro には期待が膨らむ。

追記:

タイムライン上では音声レベルはベタな一律上げ下げか、ソースの前後のフェードイン・フェードアウトしかできないが、それを補う機能として”Music Editor”という波形編集ソフトが内蔵されている。

d0188613_08552568.jpg
音声データを選択して 右クリックメニューで Edit wave externally... をクリック

d0188613_08552855.jpg
Music Editor3が起動する

d0188613_08553553.jpg
初期画面はこんな感じ

ソニークリエイティブソフトウエアで言えばSound Forge の簡易版ともいうべきか

d0188613_08553841.jpg
これを使うと波形の切り貼りや、音声レベルをポイント指定して上げ下げできる

これはこれで便利な面はあるが、せっかくなら動画を確認しながらレベル調整できたほうがいいと思うのは私だけではないと思う。


あと、MXFファイルが扱えないのは、用途が違うからしかたないのか。

Vegas Pro に比べ扱えるファイルの種類は少ない。また、書き出しの種類も少ない。





[PR]



by cimato | 2016-05-28 02:08 | レビュー | Comments(0)

食べた記録 たまになんか購入した感想 ※キャプションは意味不明なものもあります
by cimato
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

> 西島明さん コメン..
by cimato at 08:35
ありがとうございました。..
by 西島明 at 21:09
> 通りすがりさん コ..
by cimato at 03:59
"Allow legac..
by 通りすがり at 15:29
> 通りすがりさん 通..
by cimato at 11:11
ここに書いてあるビルド2..
by 通りすがり at 21:48
> 坂井さん コメント..
by cimato at 16:05
ソースネクスト版が出たの..
by 坂井 at 12:33
> 坂井さん コメント..
by cimato at 00:39
こんばんわ。ちょっと教え..
by 坂井 at 23:11
> ハゲやんさん コメ..
by cimato at 18:45
>とろんと さん ..
by cimato at 11:57
丼だと玉子綴じでしたけど..
by とろんと at 23:03
続き 宣伝になりま..
by cimato at 01:12
続き 話がそれまし..
by cimato at 01:12
> 映像屋です さん ..
by cimato at 01:11
cimatoさん ..
by 映像屋です at 16:23
>映像屋です さん ..
by cimato at 00:53
Prores書き出し出来..
by 映像屋です at 23:41
お気遣いありがとうござい..
by cimato at 02:07

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
門前仲町 Sガスト ポー..
from Tommyのきままなグルメラ..
かつや 甘辛から揚げ丼
from VAIOちゃんのよもやまブログ

ブログジャンル