食欲記(物欲記)

<   2016年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧




【5/31 15:00~】松屋 ネギたっぷり旨辛ネギたま牛めし 400円【ノーマル牛バージョン】

d0188613_23391432.jpg

2016年5月31日(火)15時より「ネギたっぷり旨辛ネギたま牛めし」の販売を開始したということで、食べてきた。

食べ物メインのブログなのに関係ない記事が続き反省するところである。

d0188613_23433292.jpg
d0188613_23433401.jpg
d0188613_23433622.jpg
d0188613_23433901.jpg
d0188613_23434279.jpg
いただきます!

確かに、旨辛ネギたま牛めし よりはネギたっぷり。

この系統はすき家のねぎ玉牛丼が先駆けだが、組み合わせ的にうまいもんは、やらないわけにはいかんだろうということか。

すき家のアレは卵の黄身のみ、松屋のこれは半熟卵、個人的な好みは半熟卵。

正直なところ、肝心の牛めしの肉は心なしか少なめなようだ。

ハズレのないトッピング、味噌汁もついて400円。

ごちそうさまでした(^人^)


◆松屋 ネギたっぷり旨辛ネギたま牛めし 400円(ノーマル牛バージョン)




[PR]



by cimato | 2016-05-31 23:59 | | Comments(0)

【解約】イー・モバイル Nexus 5 EM01L 32GB【MVNO の世界へ?】

d0188613_22544230.jpg
auからイーモバイル(現ワイモバイルに)MNP、メインの端末はauのはEプランでかろじてひっそり運用中、予備端末に格下げ。

もちろん2台持ちでもau単体で契約してるより安く済むという、矛盾みたいなものを感じながらも携帯料金の仕組みがそうせざるを得ない状態なので面倒くさいながらもそれで運用してきたが、割引の効く2年縛りも終了して、料金も上がることになった。

それでも大手3キャリアよりは安く済むのだが、世間で散々騒がれていい感じらしいMVNOでも手を出すかと期間満了3日前に検討開始。

念の為にワイモバイルで使い続けるとどうなるか相談をしたわけだが、縛りの期間は今月末までだが、割引は先月で終了しており今月はその分上乗せされているらしい。

そんでこのまま回線契約を継続すると上乗せ分が引き続きかかり、キャンペーンの割引も効かず・・・番号引き継ぎをこだわらなければ一旦解約して来月新規契約するとキャンペーン割引が適用される。ただこの間は運用できない空白期間ができてしまう。

解約してしまうと代替え機みたいなものは貸してくれないし・・・(後で思ったがプリペイドMVNOで凌ぐという手もある)

NEXU 5も使えることは使えるが、ここ2ヶ月SIMが認識されなくなったりして再起動の回数がふえ増え、挙動がおかしいこともあり不便を感じていたところ、割引も効かないし、思い切って新しい機種でも手を出すかと、NEXUSシリーズのNEXUS 6にするかなと聞くと、既に売り切りって在庫はないとのこと。

それじゃあとNEXUS 5xでと料金の見積もりをとってもらう。(これも後で冷静に考えると端末購入で出費は発生するため割引適用になったところで微妙なところではある)

プランも低いやつで端末月賦込で月額6700円くらい、一括購入すれば月額で2000円位マイナス・・・まあそんなもんか。

前は5GBまで使えたがおんなじくらいの料金だと半分くらいになるので悩む。

ここは一旦冷静に考えるため、保留にして店を出る。

MVNOか・・・田舎だと端末の種類も少なく色々と不便、扱っている店も少なく選択肢は限られる。

ネット社会なのでネット通販でいくらでも手に入るわけだが、行動を起こすのが遅すぎた。

そういえば録画用ハードディスクも残り僅かということでパソコン工房でも寄ってくかと、そこで展示されていたスマフォに目が行く。

けったいなことするわけじゃないし、今使っているのよりスペックは上だし値段もお手頃、心は揺れる。



中略・・・・ということで解約した。



今までありがとう、って言ってもWi-Fi運用できるのでNEXUS 5 は予備端末として使うことにする。





[PR]



by cimato | 2016-05-31 23:01 | つぶやき | Comments(0)

【カバー】 ZenFone 2 Laser (ZE500KL) 【開け方】

d0188613_11022754.jpg
SIMを挿すには、NEXUS 5 のときは針をさせばよかったが、ZenFone 2 Laserはカバーを開けなければならない。(バッテリー交換もだけど)

本体を持った時に右下に溝があって、そこに爪でもかまして開けるような感じだったが、正直自身では開かなかった。

他に引っかかるところは・・・

底にmicroUSB端子があるがそこなら・・・

ひっくり返してカバーの隙間に爪でも何でも刺して方向に力を入れる(写真で言う上方向)すると隙間ができた。

隙間にそって爪等徐々にをすべらせ(今回は裏返した状態で写真の左側にスライド)るとパキッパキッと外れる音がするはず、更に上にむかってスライドすると・・・

なんということでしょう~ウソのようにパカっとカバーが開くではありませんか。

ただ、端子があるところなので気を使わなければいけないのと、正規の方法ではないと思うので自己責任で。

何度も開け閉めしてるとサイドの溝からでも開くようになると思う。

13HTの時がそうだったので多分・・・それが過ぎるとガバガバになる。


ネットには色々方法があるようなのでやりやすいやり方で・・・調べず自力でなんとかしようとしたものぐさが悪いのか・・・無駄にあがき時間だけが過ぎていった。





[PR]



by cimato | 2016-05-30 23:21 | レビュー | Comments(0)

【何も考えす】ASUS ZenFone 2 Laser (ZE500KL) 【購入】

d0188613_23155283.jpg
話は、前後するが血迷いスマートフォンを購入することに。

d0188613_23155492.jpg
d0188613_23155750.jpg
d0188613_23155981.jpg
d0188613_23160135.jpg
d0188613_23160302.jpg
d0188613_23160683.jpg
d0188613_23171746.jpg
d0188613_23161117.jpg
d0188613_23161625.jpg
d0188613_23161804.jpg
d0188613_23162105.jpg
d0188613_23162342.jpg
d0188613_23162620.jpg
d0188613_23162820.jpg
d0188613_23163064.jpg
d0188613_23163213.jpg
d0188613_23163543.jpg
d0188613_23163948.jpg


◆ASUS ZenFone 2 Laser (ZE500KL) + IIJmio 音声通話パック(パソコン工房)




[PR]



by cimato | 2016-05-30 23:08 | 購入 | Comments(0)

【ソフトの方向性】MAGIX Video Pro X 使ってみた【確認】

d0188613_00262500.jpg
先般、MAGIXにVegas Proが買い取られ新たな道に進むことになったわけだが、MAGIX自体は既にVideo Pro Xという動画編集ソフトを作成して販売をしている。知名度が低すぎるのか、チュートリアルとうを求め”Video Pro X”と検索かけると”VideoStudio Pro X”が引っかかることが多い。

VideoStudio Pro X”が価格の割に機能も豊富ということが要因であろうか?実際のところ使ったことがないのでアレだが。

スムーズに事が運べば 秋口にはMAGIX Vegas Pro 14?が登場することとなる。

上記にも書いたが、MAGIXはVideo Pro X では戦えないのだろうか。(であるからVegas Proを買い取ったのだと思うが、開発陣もソニークリエイティブソフトウエアの一部社員が移籍したらしいので基本的なVegas色は残るだろう)

閑話休題。

というわけで、Video Pro Xの使い勝手を試すために、体験版を利用してみることに。
d0188613_09224263.jpg

基本の画面構成(2wayモニタ)

右側の画面
基本構成はプレビューモニタ、トリマー画面(波形モニタ表示化)、エクスプローラー・エフェクト・タイトラー、タイムライン、プロジェクトフォルダ

左側の画面
ミキサー

d0188613_09224473.jpg

カスタマイズ画面

左側の画面
基本構成はプレビューモニタ、トリマー画面(波形モニタ表示化)、ミキサー

右側の画面
エクスプローラー・エフェクト・タイトラー、タイムライン、プロジェクトフォルダ

プレビュー画面を別にすることによりタイムラインを広く使うことができる。

上記のように個々のパーツとしてドッキングor移動できるのでモニタが多ければそれだけ自由度の高い運用ができる。(この辺はVegas Proと同じ)

現状、自身の左側のモニタは1440x900のサイズなのでプレビューモニタの表示が小さいがフルHDだとそれなりに大きくなるので、色々と確認し易い。



基本的に画面はシンプルで、動作も軽い。

Openfx等は使えないかも(使えるとのことだが、体験版で今のところ使えてない)

タイトラーはシンプルすぎる、単独でテロップ表示する分にフォントが変更できるが、モーション系のタイトラーのフォントは固定で変更できない。

エフェクトは複数同時にかけられない(ぽい 未確認)

タイムラインのレイヤは上から下(Vegas Proは下から上)

同一のタイムライン上にビデオ(映像+音声)と音声オブジェクトを配置できる。

d0188613_01444748.jpg

ビデオのフェードイン・アウトは連動なので音声だけ個別に絞りたいとかはできない。

ビデオ・音声のボリューム調整は一律(分割してやるとオブジェクトごと調整できる)

やり直しの履歴数が少ないのでしまったということになる。

音声の片チャンネルのみ使用はVegas Proと同じように(仕組みは違うが)可能。

2タイムラインに片チャンネルごとを割り振りも可能(モノ)振り分けた2タイムラインをパンで左右に振れば一応ステレオで音は鳴る(元の音がステレオが前提)

オブジェクトトラッキングが使えるらしいが、(自動で追従するやつ?)・・・いまだにどこに機能があるのか見つからない


一部で流行りの 360°カメラの動画編集対応。
d0188613_00235629.jpg
360°撮影の元映像を取り込んで

d0188613_00240165.jpg
efect の 360°Panorama 項目をひらいて、Panorama 項目を No Panorama から変更してやると
d0188613_00240978.jpg
うねうねした画面が標準の表示画面になる、そこでDirection of viewをグリグリしてやると

d0188613_00241201.jpg
左右にパン
d0188613_00241713.jpg
上下にチルト
d0188613_00241999.jpg
反転
 
と絵面が変わる。

通常のタイムラインの他にエフェクトのタイムラインがあると思うので動かしながらポイント指定してくと動くんではないかと・・・

まあ、この場合は編集者自身が見える方向を固定してファイルに書きだすのだが、自身で色々な角度から見たい場合は、元動画を GOM PLAYER(色々セキュリティ問題があったやつ)が360°動画の再生ができるのでみながらグリグリすることができる。

windowsだけど、ネイティブのProResに対応してるらしい。

Proとつく上位版だが、機能としてはエンドユーザー向けのソフト。

音声系は各チャンネルに独自にエフェクトが(EQ・リバーブエコー、コンプレッサー)搭載

マスタートラックにはマスタリング用にプリセットとエフェクトが(EQ・マルチマックス(ラウドネス(昔からあるほうのラウドネス)やディエッサー)・ステレオプロセッサ(モノ・カラオケ・マキシマイザー・キスパンダ)・リミッタ)搭載

ノーマライズはある。

マルチカメラ編集可能(再生しながらのカットチェンジは不可(不可というか、隙間が空いたり、つながらなかったり))停止状態でカットポイントに移動して使う映像を選択する。

HEVC/H.265が利用可能とあるがコーデックが必要。

マルチカメラで有用な機能が音声の同期機能。

市販でPluralEyes 4という映像・音声同期があるが、それに似たもので機能は簡易版。

d0188613_01191632.jpg

無造作に配置して、同期かけたいオブジェクトを選択、今回はトラック1とトラック2

d0188613_01223204.jpg
右クリックメニューでaudio function → align other audio objects with this track を選択すると・・・
d0188613_01192327.jpg

トラック1とトラック2を解析して同期をとる。

音声はぴったしあっている。Vegas Proにぜひとも搭載して欲しい(ないよね多分)

マルチカメラ以外にも踊ってみた動画を作成しているユーチューバーやニコニコ主にも有用な機能。

samplitudeのMAGIXらしい(かどうかは個人的な感想)音声からビートを認識してテンポフラグをつけてくれる機能。

ミュージックビデオや音楽に合わせて場面展開したい動画を作成したい人には有用な面白いアプローチ


d0188613_01192161.jpg
右クリックメニューでaudio function → BPM Wizard を選択すると・・・


d0188613_01440789.jpg
SPOT BARS & BEATS DETECTION が表示される。

そのまま処理実行してもテンポが合わない事があるので一拍目あたりにスタートポイントを設置

d0188613_01444806.jpg
処理実行すると

d0188613_01445027.jpg
テンポ解析してフラグが表示される。

さらに実行すると・・・

d0188613_01445828.jpg
一拍目に赤いフラグがつく

作業終了。

d0188613_01450420.jpg
テンポが刻まれているのでこの印を目印にカットチェンジとかするとうまく切り替えができる


上記2つの機能が特別なもの。


まだ試してみて2日くらいなのであれだが、シンプルな編集なら動作は軽くていいかな、上記のような使えそうな機能がある中、ところどころ惜しい部分はある。

catalyst edit 同等くらいかな(個人的にはcatalyst editのが慣れているというのもあるが使いやすい)


なおさら、Vegas Pro には期待が膨らむ。

追記:

タイムライン上では音声レベルはベタな一律上げ下げか、ソースの前後のフェードイン・フェードアウトしかできないが、それを補う機能として”Music Editor”という波形編集ソフトが内蔵されている。

d0188613_08552568.jpg
音声データを選択して 右クリックメニューで Edit wave externally... をクリック

d0188613_08552855.jpg
Music Editor3が起動する

d0188613_08553553.jpg
初期画面はこんな感じ

ソニークリエイティブソフトウエアで言えばSound Forge の簡易版ともいうべきか

d0188613_08553841.jpg
これを使うと波形の切り貼りや、音声レベルをポイント指定して上げ下げできる

これはこれで便利な面はあるが、せっかくなら動画を確認しながらレベル調整できたほうがいいと思うのは私だけではないと思う。


あと、MXFファイルが扱えないのは、用途が違うからしかたないのか。

Vegas Pro に比べ扱えるファイルの種類は少ない。また、書き出しの種類も少ない。





[PR]



by cimato | 2016-05-28 02:08 | レビュー | Comments(0)

【Vegas pro】マジックス ソニークリエイティブソフトウェア製品を買収【延命】

d0188613_05304949.jpg
2016年5月24日 にドイツのマジックスが、SONY CREATIVE SOFTWARE(SCS)製品の大半を取得したと発表。

ビデオ、音楽、および写真編集ソフトウェア等のヨーロッパ市場においては主たる地位を築いている同社であるが、米国市場を主にさらなる世界市場展開をしていきたいと息巻いている。

今回、買収をかけたSONY CREATIVE SOFTWARE社製品群をそのツールとして活用したいと考えているようだ。

日本においては、販売がソースネクストに移管され、その時点で開発は停止したも同然、アップデート等目立った動きがなく、このまま尻すぼみで終焉を迎えるかに見えたが、足かせになるソフトウエア群をどうにか処分したいと考えていたソニークリエイティブソフトウエアとしては願ってもない事であり、中途半端にバグが残って放置され途方に暮れていたユーザーにとっては救世主の誕生といったところか。

マジックスに移管するのは、ベガスプロ、ムービースタジオ、サウンドフォージ、アシッド等、エンドユーザー向け製品、カタリスト等プロ向け製品は引き続きソニークリエイティブソフトウエアで開発販売管理することとなる。具体名が上がっていないがスペクトラレイヤーもとどまるのかもしれない。

マジックスの最高責任者のコメントによれば、秋にもベガスプロとムービーメーカーの最新バージョンのリリースを予定しているとのことだ。

マジックスに移管したことにより、製品自体の機能やサポートなど見えないところは多い。

今までと変わるのは(多分)日本語バージョンが作成されないということであろう。

現状、マジックスの製品群は日本語バージョンはないということと、あくまでメインの市場が米国や欧州等であるということを考えると、期待薄である。これを機会に英語習得を考えるざるをえないのか。

販売に関してはソースネクストを離れる可能性が高い、そうするとセール販売はないだろう。

価格も高めな設定になることも予想される、マジックス自体リーズナブルな価格帯のものもあるが、主要製品となるとそれなりの値段になるかもしれない。

もちろん、頻繁にバグフィックスやアップデート等の機能強化をはかってもらえればその対価としては目をつぶるところだ。

とは言うものの、サンプリチュードも頻繁にアップデートしているわけではないので一抹の不安は、ないわけではない。

現状、マジックスにも今回買収したソニークリエイティブソフトウエア製品群とかぶるものがある、全て並行販売するのか統合していくのか、取捨選択で絞り込むのか、選択肢が多いほうがいいというのも一つだが、色々ありすぎると開発に経費や負担もかかり現状のベガスプロ等の状態になりかねない。

製品の方向性は会社の方針もあるし、ユーザーの意見もありそれを柔軟に取り入れて貰えるとありがたい。

ひとまず秋に販売される予定の、ベガスプロの最新バージョンに対する期待は膨らむばかりだ。


現状は兎に角、落ちないようにして欲しいのと、レンダリングが最後までいくようにというのが大きな修正点であろうか。(まあメモリを食うのでそれもか・・・)



[PR]



by cimato | 2016-05-26 05:44 | つぶやき | Comments(0)

【5/24~】松屋 本格タイ風 チキンと茄子のグリーンカレー 650円【1週間ライス大盛無料】

d0188613_11035131.jpg
2016年5月24日(火)10時より、松屋では”チキンと茄子のグリーンカレー”の販売を開始した、ということで食べてきた。
d0188613_11035966.jpg
券売機で食券を購入して入店。

食券を渡して着席、暫し待つ。

d0188613_11040216.jpg
d0188613_11040574.jpg
d0188613_11040763.jpg
d0188613_11040999.jpg
d0188613_11041059.jpg


いただきます!
d0188613_11041267.jpg

3辛だが、思ったよりは辛くない、ココナッツミルクがきいているのか味もまろやかな食べやすいカレー。

大盛りライスも意外とボリュームがある。

ごろごろチキンカレーが鶏肉6切れだったのが、今回のグリーンカレーは2切れ、しかもごろごろチキンカレーに比べ、グリーンカレーはやや細切り(チキンソテーとかの切った感じの長細いやつ)

鶏肉が茄子や茸や筍などに差し替わっているとはいえボリューム的に寂しいかな。(個人的にはあと一切れくらいは・・・)


味に関してはうまいと思う。

食べ終わって思ったが、ライスにカレーかけるのではなくてライスをカレーに浸して食べるのがいいのかもしれない。

ごちそうさまでした(^人^)

松屋 本格タイ風 チキンと茄子のグリーンカレー大盛り 650円(発売日から1週間ライス大盛無料サービス!






[PR]



by cimato | 2016-05-24 11:23 | | Comments(0)

【種類が】ほっともっと Bento5 豚肉の旨辛スタミナ炒めプレート 500円【減っていた】

d0188613_11105536.jpg
ポイント5倍期間中ということで、昔の行きつけの店に行く。(行きつけの店はやっていない模様)

何を食べたいというわけではないので、のり弁でいいかと思いつつ・・・メニューを眺めているとBento5が何気にきになる。

久しぶりに食べてみるかということで”Bento5 豚肉の旨辛スタミナ炒めプレート”に決める。

注文・会計の後は忘れずにタッチワワ(チワワじゃなくなったけど言い方がわからないのでいまだにこう呼んでいる)

ちゃんと5ポイント追加されている、2回来店で一気に行きつけの店とポイント数が並んだ。

通常であれば150円引き分10ポイント貯めるにはコツコツ通わなきゃいけないが、一気にたまると嬉しい。

商品を受け取り、兎に角温かいうちにいただく。

d0188613_11111242.jpg
d0188613_11111439.jpg
d0188613_11111554.jpg
d0188613_11111732.jpg
d0188613_11111901.jpg
d0188613_11112149.jpg
d0188613_11112208.jpg
d0188613_11112451.jpg
d0188613_11112797.jpg
d0188613_11130884.jpg



さあいつもの計測・・・はかりを忘れてきた。
d0188613_11113388.jpg
計測不能で断念、いただきます!

最近はサンプルより大きかったりしていい傾向だ、と偉そうに語る。

マイナス面ばかりでなくプラスな面も気づいてあげないとね。

まさにプレート、色々なおかずを楽しみながら堪能。



そういえばいつの間にかBento5のラインナップが一気に減っていた。

まあ、メニューに存在しつつ販売してなかったものもあったし・・・ありすぎても在庫管理も大変だしあれか。


ごちそうさまでした(^人^)

Bento5 さんまの蒲焼き&コロッケが食べられなかったことは忘れることはないだろう。


◆ほっともっと Bento5 豚肉の旨辛スタミナ炒めプレート 500円





[PR]



by cimato | 2016-05-23 11:39 | | Comments(0)

【定番】ほっともっと のり弁当 330円【フライのサイズが変わった?】

d0188613_00564111.jpg
ベンパク開催中のほも弁、キャンペーン乞食の自身としてはベンパクくじのチャンスを逃すという大失態をおかし、反省しきりなところところだが、バツとして安い弁当しかダメと自身に言い聞かせ、のり弁当を購入することに。

d0188613_00564894.jpg
d0188613_00565018.jpg
d0188613_00565293.jpg
d0188613_00565662.jpg
d0188613_00565876.jpg
d0188613_00565992.jpg
d0188613_00570129.jpg
計測
d0188613_00571444.jpg
399.0g

3月のBIGのり弁食べた時ののり弁は400.0.gと1gしか違わねーじゃねーか許容範囲だろってことだが。

でも・・・なんか白身魚フライが大きくなった気がするんだよということで計測
d0188613_00571666.jpg
65.0g

はいいんだけど、過去に白身魚フライだけ計測してないから本当に大きくなったかわかんないんだよんね。

ただ過去の画像と比較すると大きくなっている。

昨今、ほも弁はサンプルと実際の見た目の乖離をなくそうと努力している姿が伺え好感がもてるところだ。

相変わらずパネマジがひどい i'm lovin' it さんは新商品発売してからしばらくたったら更に減量しているという暴挙に出ている。

ただでさえイメージが悪くなっている状態で、メディアにはサンプル通りで消費者には非なるものを提供するという、本部からの指示で増量や変更に応じるなとのお達しがきているので、よほどの瑕疵がない限りは海外の店のように作りなおしには応じない姿勢だ。

そのことの関して店の人を攻めるつもりはない、只々気の毒としか言いようがなく「大変ですけど頑張ってください」と声をかけるしかない。

閑話休題。


ベンパクでスペシャルなのり弁が発売されているが、おにぎり定番の具ということで味も申し分ないが、結局はオリジナルののり弁に落ち着く。

BIGのり弁も最初のインパクトは大きかったが、広い弁当箱に薄くご飯が広がり弁当底が顔を覗かせるという現象と定番の白身魚フライを外したり、あのハムとかいってるがよくわからないし、単なるコストダウンしました感あふれる物となってしまった。

どうせスペシャルなのり弁なら、バラエティ弁当復活で500円切ったら素晴らしいことだが・・・2年前か・・・無理だろう

Bento5にバラエティという、バラエティ弁当のコストカット版が販売されている。

これだと普通だし海苔を敷いただけではインパクトは薄い。

再び、閑話休題。

いただきます!

ごちそうさまでした(^人^)


◆ほっともっと のり弁当 330円




[PR]



by cimato | 2016-05-22 20:46 | | Comments(0)

【定番】松屋 鉄皿うまトマエッグハンバーグセット 640円【販売中】

d0188613_10353283.jpg
松屋では2016年5月17日(火)15時より「カレギュウ」と「ハンバーグカレー」をブラッシュアップして新発売ということで、食べとくかとサイトを確認。

さすがにカレーで鉄皿はないなぁと鉄皿メニューを眺めてると、確かにないけど”鉄皿うまトマエッグハンバーグセット”とかあるじゃん。

うまトマハンバーグといえば松屋の定番人気メニュー。

せっかくなので最初のカレーから路線変更して鉄皿メニュー販売店まで出向く。

d0188613_10354538.jpg
d0188613_10354783.jpg
d0188613_10354837.jpg
d0188613_10355001.jpg
d0188613_10355208.jpg
鉄皿ということで温玉でなく目玉焼き(2014年は温玉だった 個人的には鉄皿は目玉焼きのがいい)
d0188613_10355478.jpg
この鉄皿というのがソースのジュージューのシズル感が食欲をそそる
d0188613_10355704.jpg
マッシュポテトでなくて皮付きのグリルポテト
d0188613_10360234.jpg
d0188613_10360401.jpg
d0188613_10360614.jpg
いただきます!

ソースは少なめ、ニンニクでの風味もトマトの酸味も控えめなトマトソース。(あまりにも松屋はガツンとニンニクとかかいてるから味を変えてたのかな?)
d0188613_10360876.jpg
途中から卵をパッカーンして黄身と絡めながら白身とともにハンバーグをいただく

最後までアツアツで食べられるのが鉄皿のいいところ。

来月辺りにはノーマルのうまトマハンバーグが復活するかな?

ごちそうさまでした(^人^)

◆松屋 鉄皿うまトマエッグハンバーグセット 640円




[PR]



by cimato | 2016-05-21 10:49 | | Comments(0)

食べた記録 たまになんか購入した感想 ※キャプションは意味不明なものもあります
by cimato
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

> 西島明さん コメン..
by cimato at 08:35
ありがとうございました。..
by 西島明 at 21:09
> 通りすがりさん コ..
by cimato at 03:59
"Allow legac..
by 通りすがり at 15:29
> 通りすがりさん 通..
by cimato at 11:11
ここに書いてあるビルド2..
by 通りすがり at 21:48
> 坂井さん コメント..
by cimato at 16:05
ソースネクスト版が出たの..
by 坂井 at 12:33
> 坂井さん コメント..
by cimato at 00:39
こんばんわ。ちょっと教え..
by 坂井 at 23:11
> ハゲやんさん コメ..
by cimato at 18:45
>とろんと さん ..
by cimato at 11:57
丼だと玉子綴じでしたけど..
by とろんと at 23:03
続き 宣伝になりま..
by cimato at 01:12
続き 話がそれまし..
by cimato at 01:12
> 映像屋です さん ..
by cimato at 01:11
cimatoさん ..
by 映像屋です at 16:23
>映像屋です さん ..
by cimato at 00:53
Prores書き出し出来..
by 映像屋です at 23:41
お気遣いありがとうござい..
by cimato at 02:07

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
門前仲町 Sガスト ポー..
from Tommyのきままなグルメラ..
かつや 甘辛から揚げ丼
from VAIOちゃんのよもやまブログ

記事ランキング

ブログジャンル